2014年10月27日

第11回CO2助成企画『DUAL CITY/デュアル・シティ(仮)』(旧題:アビス)ロケ地情報募集のお知らせ

CO2ロゴ のコピー

第11回CO2助成企画『DUAL CITY/デュアル・シティ(仮)』(旧題:アビス/監督:長谷川億名)より、ロケ地情報募集のお知らせです。
下記ロケ地に関する情報をお持ちの方は、長谷川組原(info@ek-stase.under.jp)までご連絡いただけますようお願い申し上げます。
なお、本件に関するCO2運営事務局へのお問い合わせは対応致しかねます。ご了承ください。

 

 

第11回CO2助成企画『DUAL CITY/デュアル・シティ(仮)』ロケ地情報募集

作品あらすじ
南北に分断された近未来日本。内戦の続く北部で野戦病院の看護師として働く依子は、情報生命となった娘と対話することを安らぎとしていた。あるとき、治療にあたっていた兵士から少女の遺体を南部に届けてほしいと託される。遺体に埋め込まれているチップから、北部内戦が政府のある計画のもと行われていると知った依子は遺体とともに南部へ向かう。近未来を舞台にしたSF作品。

監督 長谷川億名⇒インタビュー
1985年栃木県生まれ。東京都在住。幼い頃から映像に目覚め、映画に憧れながら、家にあったビデオカメラでコラージュ映像を作り始める。2006年頃よりインターネットを利用し、Yokna Patofa名義で作品を多数発表。写真の分野でも2013年度キヤノン写真新世紀で佳作受賞。2012年頃から、近未来日本を舞台にした「日本零年三部作」を構想。第一部として、映画『イリュミナシオン』を完成させる。今作は、その第二部となる。

=======

第11回CO2助成企画『DUAL CITY/デュアル・シティ(仮)』にて、下記の撮影場所に関する情報を求めています。
いずれも大阪府内もしくは、大阪市内から片道2時間程度圏内で考えています。

工場やホテル、鉱山跡地のような廃墟で、建てられてから年数がかなり経過し、劣化している。建物の内部に撮影可能なある程度の大きさのスペースがあり、内装はうちっぱなしのコンクリートの場所。

参考画像(松尾鉱山)
_MG_06321_matuo 2_MG_06401_matuo 2
上記のような撮影地に関する情報をお持ちの方は、下記担当者までご連絡いただけますようお願い申し上げます。
担当:原
mail info@ek-stase.under.jp

『DUAL CITY/デュアル・シティ(仮)』スタッフ募集情報はこちらをご確認ください。

※本件に関してCO2運営事務局へのお問い合わせは対応致しかねますので、上記担当者までお願い致します。