2021年11月9日

【特集企画】 大江崇允、映画の術

『ドライブ・マイ・カー』で本年度カンヌ映画祭にて、濱口監督とともに脚本賞を受賞した大江崇允さんの特集上映が決定いたしました!
第7回CO2助成監督として「適切な距離」を制作経緯もあり、世界からも一目置かれる映像作家である大江監督が関西で撮影した作品を京阪神3劇場で上映します。ぜひご注目ください!

濱口竜介監督 コメント

『ドライブ・マイ・カー』で脚本を共同担当した大江崇允さんは、「僕はお守りみたいなもんです」と微笑みつつ、その場にいる。そんな人だった。実際『ドライブ・マイ・カー』撮影時にはよいことが沢山起こったが、それは大江さんのご加護によるものかもしれない(その精霊的なありようは、『かくれんぼ』の冒頭に当人がカチンコを持って現れる際に確認できる)。自身の監督する撮影現場でも大江さんはそうなのだろうか。どの作品からも、一筋縄ではいかない物語の端々から俳優たちの「演じる喜び」が溢れ出る。観ることを迷っている人にはまず『適切な距離』を勧めたい。大江崇允の才能に、今こそ驚くべきだ。


 

開催場所:シネ・ヌーヴォ(大阪)※元町映画館、出町座順次
開催期間:11/13(土)〜11/19(金)
イベント
11/13(土)18:20『適切な距離』上映後トーク
ゲスト:大江崇允監督、富岡邦彦さん(プラネット・プラスワン、CO2事務局長)
11/14(日)18:20『かくれんぼ』上映後トーク
ゲスト:大江崇允監督、富岡邦彦さん(プラネット・プラスワン、CO2事務局長)

料金:一般1500円、学生・シニア1100円、会員1000円
『かくれんぼ』のみ800円均一
配給:CO2事務局/PLANET+1
協力:大江崇允、神戸映画資料館、若手監督作品上映推進プロジェクト

上映作品:『美しい術』『適切な距離』『かくれんぼ』

✳︎詳しいスケジュール等はこちら→シネヌーヴォ【特集企画】 大江崇允、映画の術


 

大江崇允(おおえたかまさ)監督略歴:
1981年、大阪府出身。近畿大学で演出家、大橋也寸氏からフランスの演技システムであるルコックシステムを学び、演出や俳優として舞台芸術に携わる。その後、映画制作を始め、監督・脚本として活動。初監督作『美しい術』(09)でCINEDRIVE2010監督賞を受賞、2作目となる『適切な距離』(11)は第7回CO2グランプリほか国内外で評価を受けた。短編『かくれんぼ』(12)は第二回大阪アジアン映画祭インディフォーラム部門に出品された。濱口竜介監督との共同脚本『ドライブ・マイ・カー』で第74回カンヌ国際映画祭で日本映画として初めて脚本賞受賞。


カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ