2016年11月10日

第13回CO2助成企画『おっさんのケーフェイ』オーディション開催のお知らせ

CO2ロゴ のコピー

第13回CO2助成企画『おっさんのケーフェイ』(監督:谷口恒平)より
キャストオーディション開催のお知らせです。
ご応募、ご質問等お問い合せは、担当:坂井(hanazono.cinema@gmail.com)まで
ご連絡いただけますようお願い申し上げます。

なお、本件に関するCO2運営事務局へのお問い合わせは対応致しかねます。ご了承ください。

 

 

第13回CO2助成企画『おっさんのケーフェイ』キャストオーディション要項

 

【作品概要】
・タイトル『おっさんのケーフェイ』
・監督:谷口恒平
・助成:シネアスト・オーガニゼーション大阪(CO2)
・撮影期間:2016年12月20日~2017年1月3日を予定
 ※2016年12月上旬のうち、数日の稽古を予定
・撮影場所:大阪府内
・完成予定尺:90分を予定
・上映:2017年3月3日〜12日開催の第12回大阪アジアン映画祭(エントリー予定)
 その後、国内外の映画祭および劇場での公開を予定しています。

【監督プロフィール】
谷口恒平/監督インタビューはこちら
1988年京都府生まれ。東京都在住。立命館大学映像学部在学中に『正義の人』(09)『恋するクソ野郎』(12)を監督。『あの娘はサブカルチャーが好き』でMOOSIC LAB 2013に参加。卒業後は映画・Vシネマに助監督やメイキングとして参加するほか『本当にあった 投稿闇映像16』(16)を監督。初長編作品『オリーブハウスVSセカイ』を公開待機中。

【ストーリー】
小学生の青木大翔(11)は、クラスで行われる特技発表会で何をするか悩んでいた。ある日、地元プロレス団体の試合を見た大翔は、出場していた覆面レスラー・ダイナマイトウルフに魅了される。いつも河川敷でプロレスの特訓をしている中年、坂田正義(45)がダイナマイトウルフの正体だと思い込んだ大翔は、仲間を巻き込んで坂田にプロレスを習い始める。

【募集キャスト】
・青木大翔(11)男の子…主人公。自分に特技や趣味がないことがコンプレックス。坂田にプロレスを習うことで、「嘘を本当にする」プロレスの魅力に目覚める。普段はおとなしいが、好きなことには没頭する。

・丸岡拓巳(11)男の子…大翔の友人。夜は両親が経営している居酒屋を手伝う。太っていて、お調子者。年の離れた兄がおり、周囲の子供より大人びた発言をする。大翔とともに、坂田にプロレスを習う。

・北山直哉(11)男の子…大翔の友人。塾通いのガリ勉タイプ。運動神経はよくないが、実況担当としてプロレスに参加する。

・川島輝男(11)男の子…大翔たちの同級生。ダンスが得意で、クラスの人気者タイプ。父親からのプレッシャーに悩んでおり、その苛立ちを大翔たちにぶつける。

・青木佳奈子(40)女性…大翔の母。専業主婦。

・青木政仁(41)男性…大翔の父。市役所職員。真面目な性格。

・川島靖隆(36)男性…輝男の父。元ヤンキーのPTA会長。子供達の安全のため、坂田を排除しようとする。

・川島香(32)女性…輝男の母。元ヤンキー。

・教師(45)男性…大翔たちの担任。坂田に影響を受けている大翔を心配している。

※設定年齢は現時点のもので、変更になる場合もあります。今回のオーディションでは、設定年齢の年代に見える方を広く募集します。

【オーディション日時・会場】
日時:11月25日(金)11:00~21:00
   11月26日(土)11:00~21:00
   11月27日(日)11:00~21:00
会場:大阪市内
※いずれの日程も上記のうち一日、30〜60分程度となります。
※会場詳細については、書類選考を通過された方へオーディションにお越しいただく日時とともにお伝えいたします。

【待遇】
交通費、食費をお支払いいたします。ご相談の上、出演料をお支払いいたします。オーディションに関する費用は、各自のご負担でお願いいたします。

【応募方法・選考について】
・お名前
・写真(全身・バストアップ)
・ご年齢
・お住まい(市町村のみで結構です)
・最寄り駅
・出身地
・身長
・演技経験の有無や芸歴
・特技
・ご連絡先
・ご希望の役柄
• オーディション希望日

以上をご明記の上、
〈オーディション希望日の前日17時〉までに、
担当:坂井(hanazono.cinema@gmail.com)までご連絡ください。
また、オーディション指定時間内で希望時間のある方は、希望時間を記載してください。
書類選考後、オーディションに参加していただきます。

【応募資格】
上記の各要項をご理解の上、撮影スケジュール期間にご出演いただける方。
オーディションにご参加いただける方。

【応募先・お問い合わせ先】
担当:坂井(hanazono.cinema@gmail.com)

たくさんのご応募、お待ちしております。何卒よろしくお願い申し上げます。