2014年12月2日

第11回CO2助成企画『バカドロン』ロケ協力情報募集のお知らせ

CO2ロゴ のコピー

第11回CO2助成企画『バカドロン』(監督:黒田将史)より、ロケ協力情報募集のお知らせです。
下記ロケ地に関する情報をお持ちの方は、黒田組制作部の上田(2014.kurodagumi@gmail.com)までご連絡いただけますようお願い申し上げます。
なお、本件に関するCO2運営事務局へのお問い合わせは対応致しかねます。ご了承ください。

 

 

第11回CO2助成企画『バカドロン』ロケ地協力情報募集

作品あらすじ
リサイクル業者の辰男とボンは、回収に訪れた客の家で金品をくすねては小遣い稼ぎをしていたが、客の家での窃盗がバレてクビになり、辰男の姉がいる大阪へと向かう。そこで中国人の娘に辰男は一目惚れするが、彼女はある男を探すため日本に来たと言う。馬鹿な二人が織りなす道中記。

監督 黒田将史⇒インタビュー
1993年生まれ、大阪府出身、大阪市在住。大阪市立咲くやこの花高等学校演劇科中退後、吉本の養成所NSCへ入学。NSC卒業後1年間芸人活動するが、すぐに諦め独学で映画の道へ。初監督作品『おとなになりたくて』が、したまちコメディ大賞2013でグランプリと観客賞を史上最年少受賞。MOOSIC LAB 2014参加作品『QOQ』は同コンペで準グランプリと主演のケツが最優秀男優賞を受賞。

=======

ロケ協力情報募集地

①質屋
・設定・・・主人公(辰男とボン)が盗んだものを売りに来る質屋。店内には骨董品などが並んでいる。
・使用希望空間・・・外観・店前・店内
・使用希望日数・・・半日程度

②主人公がリサイクル回収に訪れる一軒家もしくはマンション
・設定・・・主人公の2人がリサイクル品を回収しに行く家。
・使用希望空間・・・外観・玄関・リビング
・使用希望日数・・・半日~1日程度

③漫画家のアパート
・設定・・・漫画家のタマゴが住む部屋。古びたアパート。主人公の2人がリサイクル品を回収しに行く。
・使用希望空間・・・外観・玄関・室内
・使用希望日数・・・1日程度

④回収に訪れる一軒家
・設定・・・おばあちゃんが一人で暮らす家。日本家屋。
・使用希望空間・・・外観・玄関・和室一部屋
・使用希望日数・・・1日~1日半程度

⑤市議会議員のマンション
・設定・・・市議会議員が事務所として使用している部屋。主人公の2人がリサイクル品を回収しに行く。
・使用希望空間・・・外観・玄関・リビング・リビング以外の一部屋・ベランダ
・使用希望日数・・・1日程度

⑥葉子(主人公の姉)の家
・設定・・・辰男の姉の家。2LDK。大阪に来た主人公2人の拠点となる。
・使用希望空間・・・外観・玄関・リビング・リビング以外の二部屋
・使用希望日数・・・3日~4日程度

⑦タチバナの家(一軒家)
・設定・・・ある薬の研究者の家。家の中でも実験をしている。
・使用希望空間・・・外観・玄関・リビング・食卓
・使用希望日数・・・1日~2日程度

=======

撮影を予定しています12/14〜31の間で、ご協力いただける上記のロケ地情報をお持ちの方は、黒田組制作部の上田(2014.kurodagumi@gmail.com)までご連絡いただけますようお願い申し上げます。