大阪フィルムアーカイブ計画

2021年度 ご家庭・オフィスでねむっている映像フィルム大募集!

大阪中之島美術館準備室と大阪歴史博物館は、かつての大阪の風景、時の流れのなかで消えてしまった人々の営みを記録映像のなかから呼び起こす「大阪フィルムアーカイブ計画」を進めています。上映体験ワークショップや動画配信、ホームムービー保存の相談会など、みなさんがお持ちの映像フィルムをともに楽しみながら、近くて遠い過去に学び、わたしたちみんなの記憶、これから編まれる歴史の証拠として、次の世代へ手渡す活動です。どうしたら再生できるのかわからない、何が写っているのか見てみたい、そんなフィルムリールがありましたら、一緒にひもといてみませんか。

主催:大阪中之島美術館準備室、大阪歴史博物館、シネアスト・オーガニゼーション大阪、プラネット・プラス・ワン、ミュージアム活性化実行委員会

↓募集お知らせ映像↓

↓2020年度収集フィルムの一部を公開中!↓

〈戦後の大阪〉
「造幣局通り抜け/自衛艦見学」川口盛之助, 1958, カラー, 8mmシネマスコープ, サイレント
「特急つばめ 大阪〜東京」撮影者不明, 1960年代, カラー, 8mm, サイレント グループごいっと所蔵
「10億円のさようなら」太田俊男, 1978, カラー, 8mm, サイレント
ピアノ即興(録音):鳥飼りょう(サイレント映画ピアニスト)

募集対象
大阪で撮影された可能性のある現像済みの8ミリ/9.5ミリ/16ミリ/35ミリ映像フィルム(ソフトとして販売されていたもの、ビデオテープ、スチル写真は対象外)

募集期間
2021年度通年で募集しています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

参加方法
「情報シート」に必要事項を記入のうえ、フィルムとともに下記まで宅配便等で送付してください。(送料は発送者がご負担ください。持参はご遠慮ください。)フィルム受領後、預かり証を返送します。お預かりしたフィルムは文化資源としてさまざまに活用・公開させていただく場合があります。

チラシをお持ちでない方は、↓情報シート(クリックで拡大)を印刷・記入の上、フィルム送付の際、同封してください。
情報シートA4

送付先 〒540-0008 大阪市中央区大手前4-1-32 大阪歴史博物館「大阪フィルムアーカイブ計画」係
※送料は発送者がご負担ください。持参はご遠慮ください。
電話問合せ 平日…大阪中之島美術館準備室 06-6469-5194(17時まで)
土日祝…プラネット・プラス・ワン 06-6377-0023

↓メールでのお問い合わせはこちら(返信に3日程度いただく場合があります)

    氏名
    フリガナ
    メールアドレス
    お問い合わせ内容