2012年3月3日

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012にCO2助成作品&助成監督新作登場!(3)

 

『大阪外道』石原貴洋監督(第6回CO2助成作品『バイオレンスPM』監督)がグランプリ受賞!
閉会式後の記者会見で「去年、ここで東京知事賞をいただいて…」と緊張のせいか思いがけず笑いを取ってしまった石原監督。正解は『バイオレンスPM』で獲った北海道知事賞でした。
「ダメだなぁ(笑)。絶対ここに来てやると心に誓って『大阪外道』に力を入れてきたので感無量です。去年ナ・ホンジン監督に言ってもらった“調子に乗るなよ”って言葉を忘れないぞって決めてます」。
 
 
グランプリで200万円の助成金を手にした石原監督。次回作への意気込みを聞かれ、「今年のオ・ヨンドウ監督の作品が物凄く作品のクオリティが上がっていて、僕も負けていられません。『大阪外道』は荒削りな作品なので、技術面でもしっかりとした非の打ち所がない作品に仕上げたいです」と語りました。
 
 
『どんずまり便器』(第6回CO2助成作品)主演の菜葉菜さん、ファンタスティックメンションのベストアクトレス受賞!
今回特別に設けられたファンタスティックメンションのベストアクトレスを『どんずまり便器』の菜葉菜さんが受賞!審査員がポケットマネーで用意したという花束を手に受賞の喜びを語りました。

「映画が大好きで映画女優と呼ばれたいと思ってコツコツやってきました。ナルミという役を一緒に作ってきた小栗監督に感謝しています。これからも映画で頑張って行きたいと思っています。ありがとうございました!」

ベストアクターは『くそガキの告白』今野浩喜さん(キングオブコメディ)が受賞しました。