2011年9月4日

レポート9/1(木)第8回CO2制作発表会を開催!(1)

9/1、プラネット+1にて第8回CO2の制作発表会を開催しました。

まず、総応募数74作品の中から選ばれた助成監督梅澤和寛監督(26)、常本琢招監督(48)、安川有果監督(25)の挨拶。

続いて、CO2では大阪府下を主なロケ地とすることを条件としているため、『大阪百景』(プラネット映画資料図書館所蔵フィルム)を参考映像として上映しました。昭和5年~8年にかけて大阪で撮影された映像を集めたもので、今では無くなったり改装された建物もたくさん登場。祭りでにぎわう華やかな商業の町・大阪を紹介しました。

続いて各監督による企画プレゼンテーションです。自己紹介とストーリーの紹介、スタッフ、役者に対するアピールが行われました。
各企画のテーマは、梅澤監督「今の若者を描きたい」、常本監督「今までのCO2にない路線でエンターテインメントを撮ります」、安川監督「大人になるのはどういうことか」。

三人三様のプレゼンとなりましたが、当日参加された皆さんの中で、今後企画を立ててみたいと思っている方は「人に伝える」という視点でぜひ参考にしてください。

最後に富岡事務局長から、今後の予定が発表されました。
「後期のワークショップは、前期と多少形を変えながらシステマチックに開催する予定なのでぜひ参加していただきたい。CO2は来年3月9日から始まる<大阪アジアン映画祭>での上映に向けて、助成作品3本と、前期のワークショップで制作中の短編作品3本も完成させる予定です」

<助成作品制作の流れ>
●3人からラフの予算を提出してもらい、企業や団体からの出資も募っていく
●関西在住の梅澤さん、安川さんは後期のワークショップに参加しながら脚本に取り組む
●キャストの合同オーディションは10月頭を予定
●撮影は梅澤さんが11月の半ば、常本さんと安川さんが12月を予定

これから始まる助成作品制作に誰がどう係るかはまだ分かりませんが、興味、やる気のある方はどんどん自己アピールしていってくださいね!

 

後期ワークショップは10月から本格始動します

————————————————————————————————————————————
<連続ワークショップ>(3ヶ月集中講座)
★俳優コース(毎週土曜日/10:00?13:00)
★企画・脚本・制作コース(毎週土曜日/14:30?17:30)
10/8、10/15、10/22、10/29、11/5、11/12、11/19、11/26、12/3、12/10、12/17、
12/24
————————————————————————————————————————————
<単発ワークショップ>
★映画入門講座(隔週日曜日/19:00?21:00)
9/18、10/2、10/16、11/6、11/20、12/4、12/18、12/28

★映画技術講座(不定期)
助成作品に参加するインターンスタッフに向けた映画技術講座もより実践的な内容で開催します。
10/7(金)デジタル機材講座(18:00?21:00)
10/15(土)照明講座(17:00?20:00)
10/16(日)美術講座(予定)
※メイク講座他も予定。
————————————————————————————————————————————
<特別ワークショップ>
★特別映画講座
日本映画界の最前線で活躍する映画監督をお招きする特別講座です。現在のところ、黒沢清監督、青山真治監督を予定
————————————————————————————————————————————
<コネクト・フォーラム>
9月10月は毎週木曜日19:00?22:00/11月以降は隔週木曜日
CO2映画制作に興味がある方はぜひご参加ください。制作者同士の出会いや情報交換の場として開放しています。インターン俳優/スタッフに登録中の方はもちろん、詳しい話を聞いてみたい方もお気軽にお立ち寄りください。